禁煙成功へのみちしるべ

皆さん禁煙したことありますか?喫煙はカラダに良くないので早い段階で禁煙を考えられるとよろしいです。こちらでは禁煙成功するための方法などをお伝えしていきますので参考にしてください。

禁煙成功の方法とは

タバコとは、ナス科タバコ属の多年草の植物の葉を加工した嗜好品になります。紙巻きタバコのほか、葉巻やパイプタバコ、刻みタバコや嗅ぎタバコ、噛みタバコなどの形態で利用されています。含まれているニコチンによって、満足感ややる気がでる、落ち着く感じなどの効果があるとされています。
しかし、健康への影響も大きく、ニコチン依存症やニコチンの過剰摂取、タバコの煙に含まれる発がん性物質による肺や口腔、喉や食道、胃などの内臓へのがんへのリスク向上、慢性気管支炎や肺気腫などの呼吸器疾患、女性では女性ホルモンに必要な酵素が抑制され、不妊症や骨密度が低くなることでの骨折などさまざまな疾患へのリスクが高まってしまうのです。

このような問題から考えても、禁煙は推奨されています。難しいとされる禁煙成功をするためには、いくつかのポイントがあります。
禁煙を始めると身体がニコチンを求めてしまい、吸いたいという欲望へとなってしまいます。そのためニコチンが欲しくても手が出せないように、タバコを全て捨ててしまうことが簡単かつ効果的な方法となります。ライターや灰皿なども捨てることもより効果的になります。しかし、ニコチンによる禁断症状でどうしても吸いたいという気持ちになってしまう場合の時は、冷たい水を飲む、ガムやグミなどを食べる、立って歩くなどの方法で気を紛らわせることができます。個人によって差はありますが、この禁断症状のピークは2~3日間ほどとされており、徐々に消失していきます。完全に排出されるには半年~1年ほどは必要だといわれています。一番効果的な禁煙成功の方法は、何かに集中することだとされいます。仕事や読書、ゲームや運動など何でも良いですので、タバコを意識しないことが重要です。

禁煙を続けることによって、タバコのせいでなくなっていた肌のハリや目尻や口元のシワ、実年齢を老けて見えることがとめることができるようになり、食事を美味しくとれるようになり、口臭なども減って行きます。
しかし、これで安心して一本だけ、という気持ちで油断して吸ってしまうとその努力もムダになってしまいます。
自分では禁煙はできない、挫折してしまうという場合には禁煙グッズや禁煙外来などを頼ることも効果的です。
喫煙にはさまざまなリスクがあることを理解し、禁煙をしたらタバコは一生口に入れないぐらいの気持ちを持つことが重要となります。禁煙を何年しても、一本でも吸ってしまえば禁煙は失敗したと言うことになるのです。